オンライン化支援 (研修・フォーラム等)

‘20年2月頃から生じているコロナの影響を受け、障害福祉に関する多くの研修が、従来の集合型研修で提供することが難しく、研修のオンライン化を企画・実施しようとされています。
しかしながら、障害福祉の資格認定にかかる研修のオンライン化による懸念事項(出欠確認、途中退席管理等)や、省庁主催で実施する制約(使用して良いウェブ会議システム、セキュリティ対策等)、また、受講者の設備・ICTリテラシーレベル(PCの仕様・PCへの慣れ等)に配慮した設計等、集合型研修を単にオンライン化するだけではうまく行きません。|
弊社は、創業14年来、障害福祉事業所に対して述べ2,000事業所を超える研修を実施し、1,000事業所を超えるコンサルティングを実施してきました。また、昨年度より先行して、オンライン研修やオンライン・コンサルティングを実施しており、研修講師・コンサルタントの視点から、いかに集合型研修の良さを活かしながら、オンラインの「利便性」と「強み」をもって、オンライン研修化するか、という独自の経験とノウハウを持っています。
コロナ禍で大変な状況ではありますが、改めて、研修のオンライン化を図る機会とも捉えられます。共により良い研修コンテンツを作りませんか?

研修のオンライン化に関するこんなお困りごとの解決をお手伝いします

 グループワーク対応できるようにしたい
 セキュリティ対策してほしい
 受講者への練習会を設定してほしい 等々

まずは、お問合せください。

<R2年度受注実績(予材含む)>

インサイトの研修オンライン化支援 3つの特徴

1.現役の研修講師が作る

障害福祉事業所に対して14年間研修とコンサルティングを実施しており、研修の満足度は常に4点以上(5点満点)で「分かりやすい」と大変好評を頂いております。現役の研修講師の視点に基づいて、研修のねらい、意図、伝えたいこと等をインタビューして、オンラインでどのようにこれを実現するかを共に企画していきます。

2.オンライン研修実体験豊富

昨年来、コロナ禍の前段階から、既にオンライン研修・コンサルティングを導入しており、オンライン研修で生じる問題点や、当日の想定外のトラブル等、既に多くを経験しています。「そんなことはあり得ない」ことがあり得るのがオンライン研修。これらも踏まえて、盤石な体制を構築して、確実に研修をお届けできるように工夫しています。

3.行政・障害福祉業界・事業所を熟知

弊社の直接顧客は、ほとんどが省庁様であり、行政というお立場による制約(使用して良いウェブ会議システム、セキュリティ対策等)を熟知しています。また、障害福祉業界・事業所も熟知しており、どの程度の設備・ICTリテラシーレベルなのかも把握しています。よって、各方面(行政・事業所・支援者)に対して配慮の届いた、無理のないオンライン研修と受講を実現します。

支援内容(例)

全体設計

課題・要望解決策
• 省庁のシステム要件を満たしたオンライン研修が実現可能かどうかを検討してほしい。
• 出欠確認、入退室管理をしたい。
• 集合型研修と同じようにグループワークを取り入れたい。
• グループワークのまとめを講師が一度に確認したい。 等々
• 各種システムの要件や機能を確認し、実現したい研修内容とその利用機能をロジ表に整理します。
• 各種機能を駆使して、安価・シンプル、かつ確実なシステムを構築します。

動画撮影

課題・要望解決策
講師の話す内容を、あらかじめ動画にしたい。• 動画の撮影を支援します。
✓ 機器貸与(PC、Webカメラ、ヘッドセット等)
✓ 環境準備(グリーンバック、撮影室 等)
✓ 動画撮影マニュアル提供 等
• 必要に応じて、研修講師による、動画にする際のアドバイス(コンテンツ修正等)をします。

マニュアル作成・練習会実施

課題・要望解決策
• オンライン研修が初めての支援者に対して、ウェブ会議システムの使い方を教えて欲しい。
• 推奨環境(PC・タブレット・スマホ、通信環境等)や推奨機種(Webカメラ、会議用マイク・スピーカー等)について教えて欲しい。
• はじめての方向けに、オンライン研修へのつなぎ方等の練習会を実施してほしい 等々
• 「オンライン研修受講マニュアル」を作成し、研修の受講決定通知と共に送付できます。
• マニュアル内に推奨環境や推奨機種についての記載をしています。
• 本番前に練習会を実施(2回程)し、オンライン研修への参加方法を体験頂けるようにします。

当日オペレーション

課題・要望解決策
• 当日繋がらない等のトラブルに対応してほしい。
• 当日の受講説明をしてほしい。
• 当日、研修動画を流してほしい。
• グループワークのオペレーション(グループ分け、時間管理、グループからの質問対応)をしてほしい。 等々
• ヘルプデスクを設置し、出欠連絡と共に、システムトラブルへの対応をします。
• ディレクター(司会)、およびオペレーター(作業者)を配置し、研修全体をサポートします。

資料のダウンロード

研修のご相談やお問い合わせはこちら

お問い合わせページ