「就労支援事業会計の運用ガイドライン」オンライン研修

厚生労働省障害福祉推進事業の会計ガイドライン作成者&検討委員が講師となって研修実施!

弊社は令和3年度厚生労働省障害者総合福祉推進事業において「就労継続支援事業所における就労支援事業の評価と会計処理基準に即した適正な運用にかかる調査研究」を実施し、「就労支援事業会計の運用ガイドライン」(以下、「ガイドライン」といいます。)を作成しました。

このガイドラインは、就労支援事業会計の基本的な考え方や標準的な処理方法をお示しすることで、各就労支援事業所の会計判断の均質化を図ることなどを目的に作成したものですが、公表された後に各事業所から所轄自治体に対し、その解釈や考え方についての問い合わせが数多く入ることが予想されます。

そこで、本ガイドラインの作成に携わった税理士及び研究主幹によるオンライン研修を実施しています。ご予算・ご要望にあわせて、研修をアレンジしてお届けします(例:工賃向上研修の一環として、会計担当者向けの研修)。まずはお問合せください。

オンライン研修 講師

税理士法人 谷野会計 税理士 谷野 琢士

大手IT企業に勤務後、税理士法人トーマツ(現:デロイトトーマツ税理士法人)を経て、平成29年より税理士法人谷野会計に所属。社会福祉法人、社会福祉協議会、NPO法人などの非営利法人の会計・税務が専門。特にA・B型を運営する法人の顧問を多く務め、就労支援事業会計の指導を実施。TKC全国会社会福祉法人経営研究会の研修委員、奈良県監査担当者研修や福祉会計セミナー講師を務める。

株式会社インサイト 研究主幹 芦川 英嗣

北海道石狩郡当別町役場では地域福祉計画・高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画・財政運営計画策定を経験。‘18年より社会福祉法人ゆうゆうにて事務局・A型事業所会計も兼務。
‘20年より株式会社インサイトのコンサルタントとして厚生労働省の障害者に係る政策提言支援・研究支援をはじめ、地公体向けに地域福祉計画・障害福祉計画策定等を実施。